GKスクールはディズニーランドなんだ。

ディズニーランドって何回行っても飽きないですよね。

初めて行く場所じゃないのに、いくつになっても前日は楽しみで寝れないものです。(私だけ?w)

ゴールキーパースクールもディズニーランドと同じ位置付けであるべきだと私は思うんですよね。

月1のGKトレーニング

私は現役時代1度もGKコーチからの専門指導を受けたことはありませんでした。

人生の中でゴールキーパートレーニングを受けた経験といったら、高校1年生の頃に県のGKプロジェクトによって月に一回開催されているGKトレセンに参加した程度でした。

おそらくそれも片手で収まると思います。

非日常だった。

当時の私は、その月1のGKトレセンがすごく楽しみでした。

 

普段自チームでは、いつもやるアップを済ませたら、すぐにフィールドと合流してシュートを受けるというサイクルを毎日繰り返していました。

ゴールキーパーだけで練習をする時間なんてほとんどなかったですね。

 

そんな私にとって月に一回のGKトレセンというのは非日常的空間で、非常にワクワクしていたのを今でも覚えています。

絶対に上手くなると確信した。

ゴールキーパーだけが集まる空間というのは、緊張感が漂っていて異様な雰囲気でした。

 

キャッチミスをしようもんなら、周りから鼻で笑われている感じがしました。

正直自チームの練習以上の緊張感がありました。

 

この環境で練習し続ければ絶対上手くなると私は確信しました。

上手くならないわけがないと。

広瀬ゴールキーパー育成スクール立ち上げを決めた時、そんな環境を私は作りたいと思いました。

週に1回、ゴールキーパーだけが集まり、お互いが高め合える環境を。

日常であり非日常である。

私の目標は埼玉県のゴールキーパーがGKトレーニングが日常的に受けられるようになること。

しかし日常でありながら非日常であることを目指しています。

 

「今日はどんなトレーニングをするんだろう!」

選手がワクワクしながら会場に来てくれるような場所にしていきたいと思っています。

何度行っても飽きない。

ディズニーランドのような場所を。

最新情報をチェックしよう!

GKコーチの最新記事8件