パス!?シュートストップ!?コーチング!?ゴールキーパーがやるべきことはたくさんある?

こんにちわ!広瀬です。







僕がGKコーチを務めさせていただいているアヴェントゥーラ川口Jrユースの来年度の追加セレクションの日程が発表されました!







【2020年度 新入団 セレクション日時】




①2019年12月10日(火)19:30〜21:00




予備日 2019年12月24日(火)19:30〜21:00







セレクションの詳細はこちらからhttp://blog.livedoor.jp/aventura_kawaguchi/archives/5672551.html




ゴールキーパーの選手の参加を是非是非お待ちしております!







今回は先日フットサルコートで行なったアヴェントゥーラでのトレーニングをご紹介していきたいと思います!




この日はアヴェントゥーラU12に所属しているレオンも参加してくれました!





楽しみながらGKに必要なトレーニングをする!




まずはじめにウォーミングアップを兼ねて、3対1のハンドボール版鳥かごを行いました!








ルールは簡単です!鬼はボールをカットするか、ボールを持っていない人をタッチすれば交代です!                          







基本的に盛り上がるトレーニングですが、ゴールキーパーにとって必要な要素が多く含まれています!







最後は2人にはめられて僕が鬼にw








やられましたww








ゴールキーパーは忙しいポジション!?




ゴールキーパーの1番の仕事はなんでしょうか?




聞くまでもないと思いますが…







もちろんシュートを止めることですよね!




しかしそれ以外に、ゴールキーパーは試合中多くのことを求められます。




見方に指示をして〜、シュートを止めるためのポジショニングをとって〜、ボール奪ったらビルドアップに参加して〜




などなどゴールキーパーは本当に忙しいポジションです。







そんなゴールキーパーが試合で起こるシュチュエーションを複合したトレーニングを行いました!








①まずは中央からけられたボールに対してオーバーハンドキャッチ 








②キャッチしたボールを右サイドの選手へアンダーアームスローでパス








 ③ゴールを外したポジショニングを取って、バックパスを受ける(この時にどちらの足に欲しいのかをしっかり相手に伝える)








 ④トラップして逆サイドへパス








 ⑤シュートに対するポジショニングを取ってグラウンダーボールをアンダーハンドキャッチ!








という流れです!







先ほど挙げた、コーチング、キャッチング、ビルドアップの要素を組み合わせています!




試合で起こり得るシチュエーションを切り取ってトレー二ングすることで、実際の試合で同じシーンに遭遇した時に選手は余裕を持って対応することができてきます!




レオンにも中学生達と同じトレーニングをしてもらいました!




オーバーハンドキャッチのシーンではあえてスローではなくキックで配給してみましたが…








バシッと1発でキャッチ!!




レオンはゴールキーパーを始めて1年弱しか経ってないということでしたが、なかなかのスキルを持っていましたね。







またゴールキーパーを始めるまではずっとフィールドプレーヤーだったということで、止める蹴るの技術もしっかりしていました。







現代サッカーでは「ゴールキーパーからボールを繋いでいく」というスタイルが主流になって来ています。そのためゴールキーパーも足元の技術を避けて通ることはできません。




アヴェントゥーラではこのようなビルドアップの要素を含めたトレーニングも多く取り入れています!







基本技術の積み重ね




この日はフィールドとの合流までにあまり時間がなかったので、最後にアングルシュートを行いました!








内容はシンプルです!




中央から45度の位置にパスが出てシュートを打たれるという想定で、ゴールキーパーはキッカーの合図でポジションを取りシュートを対応します!




プレイングディスタンスエリアに飛んできたシュートに対して、コウヘイもカズマもしっかり足を運んでキャッチすることができるようになって来ました。












トレーニングを重ねて来た成果が少しずつ現れて来ましたね!




スーパーな選手はスーパーな基本技術を持っている!




このことを忘れずにこれからもトレーニングに取り組んでほしいと思います!




GKコーチ次第で選手は大きく変わる




中学生が撃ってくるシュートに対してレオンはバンバンダイビングして止めていました!w








僕が何よりいいなと思ったのは、どんなシュートに対してもしっかり手で対応することができることです。




ゴールキーパーを始めたての選手だと、シュートに対して手ではなく、足が出てしまう選手が多く見られます。




僕も始めたての頃は足が先に出てしまうタイプの選手でしたw




そういう意味で、レオンからはキーパー的なセンスを感じることができました。




これからが非常に楽しみな選手です!







来年から一緒にトレーニングできたらいいな〜と思いますね!w








GKコーチがいる環境




ゴールキーパーを上手くすることができるのはGKコーチしかいません。







僕は来年度、新中学1年生を中心にゴールキーパーの指導をさせていただきます!




自分も中学時代クラブでサッカーをやっていましたが、GKコーチはいませんでした。




中学3年間でゴールキーパーの専門指導を受けられる環境にいれば、もっとうまくなれたな、、 と本当に後悔しています。




それくらい中学の3年間の過ごし方次第で、その後のサッカー人生良いも悪いも大きく影響します。




是非本気でゴールキーパーとして成長したい選手はアヴェントゥーラ川口のセレクションにいらしてください!




お待ちしております!







自分のところでゴールキーパーをやりたいといってくれる選手のためにも、僕たちも日々レベルアップしていきます!







最後までお読みいただきありがとうございました!



























最新情報をチェックしよう!
>広瀬空GKチャンネル

広瀬空GKチャンネル

ゴールキーパーに関する動画をYouTubeで配信中! チャンネル登録といいねもお願いします!

CTR IMG