フロントダイビングでのブロッキング!!ゴールキーパーの優先順位を間違えていませんか?

2018年のロシアワールドカップでベルギーをベスト4に導いた立役者であり、同大会でゴールデングローブ賞を受賞したティボー・クルトワ選手がFWとの一対一の絶対絶滅のピンチを防いだ事により、世界的に注目されたゴールキーパーのスキルのひとつにXブロックというものがあります。

ロシアW杯以降、日本サッカー界でもこのXブロックという名前が浸透してきており、これをトレーニングに組み込む指導者の方々やXブロックに積極的にチャレンジしているゴールキーパーを多く見かけます。

しかしこれは少し危険な風潮だと僕たちは考えています。

ゴールキーパーの優先順位は!?

このようなXブロックをはじめとしたブロッキング技術ばかりを練習してしまう事で、ゴールキーパーのプレーの優先順位を間違えてしまっている選手が非常に多いのです。

スルーパスや、相手の足元から少し離れたボールに対して、フロントダイビングで奪える距離感にいるのに、奪う奪わないの判断をせず何でもかんでもブロッキングに行ってしまう。

当たり前ですがブロッキングは、シュートを身体に当てて防ぐスキルなので、ゴールラインやタッチラインを割らない限りほぼ100%セカンドボールが生じます。つまり1回目のシュートを防いでのそのこぼれ球が相手に渡ってしまえば相手の攻撃はまだ続くわけです。

プロのゴールキーパーがXブロックでダイナミックにシュートブロックをしているシーンが完璧なプレーだと思われがちですが、ボールを奪ってしまうことが僕は1番のナイスキーパーだと思っています。

ボールを奪いきるができればその瞬間、相手の攻撃は終わります。そして攻守が切り替わ自チームの攻撃をスタートすることができるんです。

フロントダイビングでのブロッキング!?

僕がスタッフをやらせていただいている東京ゴールキーパースクールでは、最近フロントダイビングでのブロッキングを多く取り入れています。

ボールが奪える状況であればフロントダイビングでインターセプト。

奪えない状況であればフロントダイビングでブロッキング。これはフィフティーフィフティーのボールに対してフロントダイビングでボールを奪いに行ったが、ギリギリのところで相手に先に触られてしまったため、そのボールの出所を手でブロックしに行くというイメージです。

(距離感によっては、面積を大きくして身体に当てに行くというフロントダイビングもあります。距離感によって使い分けることが非常に大切です。)

まずはボールを奪うというスキルを身につけて欲しいと思っています。

その中でボールが奪えないからブロッキングというスキルを選択するのです。

そこの優先順位を間違えてはいけません。

道具にもこだわる

フロントダイビングでのブロッキングとはいえ、体を投げ出してボールに飛び込むわけですから、当然人間なので怖いですしボールが当たれば痛いですw

しかしそんな状況でもボールが当たることを恐れていては、ゴールキーパーというポジションは勤まりません。なんとしてもゴールを守らなくてはいけないんです。

そんなゴールキーパーの勇気や積極性を引き出すために、そして正しいフォームを作るために東京ゴールキーパースクールでは道具にもこだわっています。

ご覧のように、ボールは普通のサッカーボールではなく柔らかいゴムボールを使用しています。

ゴムボールを使うことによって、身体に当たっても痛くないですし怪我もしにくくなります。

道具にも工夫を加えることによってトレーニングの幅も広がります。

より試合を想定したトレーニング

この日のトレーニングでは、フロントダイビングでブロッキングをした後に、そのボールが中央付近に溢れたという想定で、ポジション修正をしてシュートに対応するというトレーニングを行いました。

先程も述べた通り、ブロッキングはほぼ100%セカンドボールが生まれます。より早く次のプレーに切り替えることが求められます。

このような複合的なトレーニングを行うことでより試合に近い状況を作り出すことができます。練習のための練習ではなく、常に試合を想定した練習をすることによって選手は上手くなります!

状況に応じたプレーを!

勘違いして欲しくないのが、僕はブロッキングは全てフロントダイビングを使え!と言っているわけではありません。当然Xブロックやスタンディングブロックを使うべきシュチュエーションはたくさんあります。実際東京ゴールキーパースクールでもこれらのトレーニングも多く行っています。

大事なのは状況に応じたプレー(スキル)を選択するということなのです。

・フロントダイビングでボールを奪うべきなのか。

・ブロッキング(Xブロック、スタンディングブロック、フロントダイビングでブロック…etc)を使うべきなのか。

・ジョッキーで相手を誘導するべきなのか。

そしてその判断を磨き、適切なスキルでシュートをストップするためには、専門トレーニングを受けることが必要不可欠です。

ゴールキーパー専門のトレーニングで多くの失敗、そして成功体験をすることによって試合で最高のパフォーマンスをすることができると思います。

皆さんも自分がゴールキーパーとしてレベルアップできる環境にフロントダイビングしてみてはいかがでしょうか?w

最新情報をチェックしよう!
>広瀬空GKチャンネル

広瀬空GKチャンネル

ゴールキーパーに関する動画をYouTubeで配信中! チャンネル登録といいねもお願いします!

CTR IMG