クロスボールに強くなるためのトレーニング方法をご紹介!高校生もパーソナルトレーニング!

広瀬です!

 

突然ですがみなさんクロスボールは得意ですか?

 

クロスに対して苦手意識を持っているゴールキーパーは少なくないと思います。

 

今回はクロスボールにフォーカスした高校生のパーソナルトレーニングの様子をご紹介したいと思います!

正しい構え姿勢って?

まずは基本技術のトレーニングから行いました!

構えた状態からオーバーハンドキャッチとアンダーハンドキャッチ。

そこでまず、構えの改善を行いました。

今回の選手はゴールキーパーとしては割と身長が高いでした!しかし身長が高いゴールキーパーでありがちなのが、構えのスタンス(足幅)が狭くなってしまうことです。

僕が考えるいいスタンスは、アンダーハンドキャッチを行う時に足を曲げますよね。その足が構えた状態からそのまま曲げられるスタンスです。

 

これを伝えてると改善前よりもスムーズにアンダーハンドキャッチをすることができるようになりました!

余計な動きを無くすことでプレースピードが上がってきます!

プロテクションの足どこまで意識してますか?

軽くウォーミングアップを済ませた後、本題のクロスボールのトレーニングに入りました!

まずはフォーム作りから!

まず両膝立ちの状態で構えてます。そして蹴られたボールに対して、片膝を立てながらオーバーハンドキャッチ。

この立てた足はジャンプ&キャッチのときのプロテクションの足をイメージしています!

 

キャッチとプロテクションの足を立てるタイミングを揃えることがポイントです!これがこの次のトレーニングに繋がってきます。

体全体をうまく使うことがポイント

続いては実際に、ポストをタッチしてワンステップでジャンプ&キャッチ!

 

このトレーニングの大きなポイントは2つです。

 

1つ目はジャンプをするためのステップ。

 

みなさん走り幅跳びやったことはありまよね!走り幅跳びで、最後踏み切る時ってどんな歩幅でジャンプしますか?

 

おそらく遠くにジャンプするパワーを生むために大きく踏み込むのではないでしょうか?

 

ジャンプ&キャッチのステップも同じです!跳ぶ方向が前から上に変わっただけです。

高くジャンプするために最後の1歩を大きく踏み込むとことが大事になってきます!

2つ目のポイントは身体全体をうまく使ってジャンプするということです。

以前ジャンプ力をアップする方法についての記事でも書きましたが、高くジャンプするためには腕の振込と、プロテクションの足がとても重要になってきます。

関連記事

ゆっくりから速く!?

最後は実際にクロスをイメージして、ペナルティエリアの外から投げたボールに対してジャンプ&キャッチを行いました!

 

これまでにやったトレーニングの成果が現れて、ジャンプ&キャッチのフォームやキャッチングポイントはかなり良くなりました!

 

しかし、落下地点を少し見誤って仰け反ってジャンプ&キャッチをしてしまうシーンが何度かありました。

その原因はスタートのタイミングが早すぎるということです。

 

しかし、これは多くの選手がそうです。クロスが蹴られた瞬間に動き出してしまって、落下点を間違えて被ってしまう。

 

クロスボールの鉄則は、スタートはゆっくり。移動を速くです。

まずクロスを上げられたら、ボールの回転、スピード、コースをゆっくりと見ましょう。

 

そして落下地点に速く入りましょう。

 

これが非常に重要なポイントになってきます。

 

これを意識してやってもらったところ正確な落下地点に入っていいポイントで時キャッチングすることができるようにました!

またゆっくり見て、速く移動することで余計なステップがなくなり、少ない歩数でパワーを持ってジャンプすることができるようになってきます!

 

みなさんも是非このポイントを意識してクロスボールのトレーニングをやってみてください!

最後までお読みいただきありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!