リカバリーの練習ってしてますか!?

こんにちわ!広瀬です。




今回はリカバリー(起き上がり)というゴールキーパーのセカンドアクションについてご紹介していきたいと思います!









僕も必要性について全く理解していなかった




以前にも記事に書きましたが、僕は現役時代、中山英樹さんのオンライン指導というものを受けていました。




その時に僕が中山さんから永遠に与えられていたトレーニング。それがリカバリーです!








正直僕も初めはなんでこんなにリカバリーのトレーニングばかりさせられるのだろう。そんな時間かけてやる必要があるのかな…と思ってましたw







しかしトレーニングを重ねるにつれその重要性を感じることができました。




相手の攻撃は1度だけ?




試合中相手にシュートを打たれた時、ゴールキーパーがシュートを1本弾いたら相手の攻撃は終わりますか?




ゴールキーパーがボールをキャッチしない限り必ずと言っていいほどセカンドボールが生まれます。




もしかしたら弾いたボールが相手の足元に渡り再びシュートを打たれるかもしてません。それに対応するためにはリカバリースキルがが非常に大切になってきます。




今回はリカバリーを2つご紹介したいと思います!








同方向のリカバリー




1つ目は同方向のリカバリーです。




同方向のリカバリーは名称の通り、自分がダイビングした方向に起き上がることをいます。




まず上の足(左足)を巻き込んで地面につきます












ここで1つ注意して欲しいのが、この時に上の足を後ろについてしまう選手が多くいます。そうするとこのように上半身が上を向いてしまうためボール方向に上半身を向けるまでに時間のロスが生じてしまします。




なので必ず上の足を巻き込むことを意識しましょう。







そして巻き込んだ足と下の手(右手)でお尻を持ち上げます。これが大きなポイントです。ダイビング同様お尻(重心)が落ちてしまうとスムーズにボールにアプローチすることができません。しっかりとお尻を持ち上げることを意識してください。












そして下の足(右足)を前についてダイビング。












これが同方向のリカバリーになります。




比較的に同方向のリカバリーは練習すれば誰でもできるようになると思います!








逆方向のリカバリー




2つ目は逆方向のリカバリーです。




これもその名の通り、ゴールキーパーがダイビングした方向とは逆の方向に起き上がることを言います。




まず下の足を地面に引っ掛けます








そしてその足で地面を蹴って、お尻で回ります












この時に背中を上げて回るようにしましょう。背中が地面に接地したまま回転してしまうと、地面に対する接地面積が大きくなるためブレーキがかかりやすくなってしまいます。




そして体を90度回転させたら、上の足を後ろについて、その足と下の手でお尻を持ち上げる








そして下の足を前に踏み込んでダイビング












という形になります。




逆方向のリカバリーは継続的に練習していかないと少し難しいかなと思います。




継続的にトレーニングを行なって習得して行ってください!




速く起き上がらないと意味がない




まずはここで紹介したリカバリー方法を正確にできるようにトレーニングしていっていただきたいと思います!




そして形がしっかりできてきたら、次はリカバリースピードを求めていきましょう。




リカバリーで最も大切なのはスピードです!




試合中は1つ1つのポイントを意識しながら起き上がっている暇はありません。




その間にも状況によってはシュートが飛んできています。




なので正確なリカバリー方法で、速く起き上がる必要があります。




1本目のシュートをスーパーセーブしてもこぼれ球を決まられてしまったら、ゴールキーパーとしては結果的に意味がなくなってしまいます。




だからこそリカバリーの技術が非常に大事になってきます。




ワンランク上のゴールキーパーになるために日々のトレーニングに取り入れてみてください!








最後までお読みいただきありがとうございました!




最新情報をチェックしよう!
>広瀬空GKチャンネル

広瀬空GKチャンネル

ゴールキーパーに関する動画をYouTubeで配信中! チャンネル登録といいねもお願いします!

CTR IMG