基礎から応用まで!プレジャンプのトレーニングを公開!!

『プレジャンプ』

ゴールキーパーがシュートを打たれる瞬間に行う予備動作のことだ。

このプレジャンプは、他競技では「スプリットステップ」と言われ活用されている程、効果が実証されている動きなのだ。

 

このたった数センチのジャンプをするかしないかで、ゴールキーパーのプレーは大きく変わる。

今回はそのプレジャンプに特化したGKトレーンングを、基本から応用まで解説していこう。

使うのはトラバー!

今回のトレーニングで使用するのは、この「トラバー」だ。

もし用意できない場合は、紐などで代用していただいても構わない。

 

まずこのトラバーの横で構えて、コーチの合図でバーをジャンプ。

バージャンプから着地するタイミングで、コーチが着地した位置から身体一つ外側に蹴ったボールを身体を運んでキャッチするというシンプルなトレーニング。

プレジャンプのパワーを利用して動き出す

このバージャンプがプレジャンプのイメージだ。

このプレジャンプの着地の反動を利用してボールの正面に身体を運んで欲しい。

 

ここで注意して欲しいのは、スタンス(足幅)が狭くなったり、お尻が沈んでしまったりしないようにすること。

そうなると次の動き出しが遅れてしまう。

いい構えでスタートし、いい構えで着地することを心掛けよう

キャッチは空中で!

そしてキャッチングをする瞬間は足を地面から離して空中で取ることを意識して欲しい。

足が地面についたままだと、手の力でしかキャッチすることができない。

 

空中でキャッチすることで、身体全体を使ってボールを掴むことができるのだ。

応用トレーニング

ここまでの動作が完璧にできるようになったら、少しレベルを上げてみよう。

このように、ミニコーンにバーを引っ掛けて障害物の高さを少しあげるとかなり難易度が上がる。

両足同時に着地することが難しかったり、身体がボールに正対できず進行方向に流れやすくなるのだ。

その中で姿勢を崩さずに行うことにチャレンジして欲しい。

プレジャンプで世界観が変わる

プレジャンプを使いこなせるようになることでゴールキーパーの世界観は360度変わると言っても過言ではない。

それほど重要な動作だ。

プレジャンプをマスターし爆発的に動き出せるゴールキーパーになろう。

最新情報をチェックしよう!