極めろ!本当の!アンダーハンドキャッチ!!

『アンダーハンドキャッチ』

ゴールキーパーの基本中の基本となるテクニックのひとつだ。

 

一見シンプルなこのキャッチングだが、育成年代の選手たちを観ると、意外と間違った動きをしている選手が非常に多いのだ。

 

また低いボールの処理というのはプロ選手になれるか、なれないかを大きく分けるポイントのひとつ。

そのためプロを目指す選手たちはアンダーハンドキャッチが完璧にできなければならない。

それほど重要なテクニックなのだ。

 

早速詳しく解説していこう。

良いキャッチは基本姿勢から

まず大事なことは、しっかり構えること

特に意識して欲しいのは足のスタンス(足幅)だ。

良いスタンス(=肩幅よりやや広め)で構えることができたら、あとは足を曲げればアンダーハンドキャッチのフォームができる。

構えのスタンスが狭いと、足を曲げるのが非常に窮屈だ。

だからまずはしっかり構えること。

これを意識して欲しい。

ボールに正対する。

ボールに正対する。

これはキャッチングの基本だ。

 

しかしこのように上半身が外を向いてしまっていて、ボールに正体できていない選手が非常に多い。

ではなぜこうなってしまうのか。

 

かかとに注目して欲しい。

このようにかかとが浮いてしまうと、身体の構造上、腰がねじれてしまうのため上半身が外に向いてしまうのだ。

そうならないために、インサイド(足の内側)全体を地面に付けることを意識して欲しい。

そうすることでボールに正対できる。

待つな。自分が行け!

また、アンダーハンドキャッチでよくあるミスとして挙げられるのが、ボールを取る位置が自分に近いということだ。

このように自分に近すぎると、手のひらが壁になってしまい、ボールが登ってこない。

 

ボール待ってキャッチするのではなく、自分が迎えに行くことを意識して欲しい。

まず小指同士をくっつけてレールを作る。

そのレールを前方に出すことで自然とボールが登ってくる。

そしてタイミングをみて上半身を被せて蓋をするイメージだ。

基本を極めた選手が上に行く。

以上のように、誰もが知っているゴールキーパーの基本的なテクニック「アンダーハンドキャッチ」だが、噛み砕いて行くとこんなに意識するポイントがあるのだ。

皆さんはこれらのポイントを完璧に抑えられているだろうか?

 

さらに詳しい解説はYouTubeチャンネルでチェックして欲しい。

基本を極めた選手が上に行く。

本気で上を目指すのであれば、基本から目を背けてはならない。

最新情報をチェックしよう!

GKコーチの最新記事8件