生き残るのは速いゴールキーパー

近年ボールの質やシュートスピードの向上によって、ゴールキーパーはよりスピードが求められる時代になってきた。

 

オリバーカーン選手や川口能活選手のように、優れた身体能力でシュートを止めるという時代はもう終わったと私は思っている。



トレーニングでやってないことは試合では出ない。

いかにトレーニングを積んで極限までプレースピードをアップすることができるか。

これが今、私たちGKコーチに求められる最大のポイントだと思っている。

とにかく速く動けるGK

ではどうしたらプレースピードが上がるのか。

 

私が意識しているのは「足」

これに尽きる。

 

身体を動かしているのは2本の足だ。

いかにこの2本の足を速く動かせるかがスピードアップのキーになってくると私は考える。

 

ダイビングができるのはもう当たり前。

ここ最近私のインスタグラムのDMで、ゴールキーパーの選手たちから悩みや質問を多く頂いている。

 

その中で最も多いのはやっぱり【ダイビング関連】の悩みだ。

その中にこんな質問があった。

「シュートスピードが速くて、ダイビングしても間に合わない。」

 

ここ数年SNSなどでダイビングのトレーニング方法がたくさん公開されるようになったことで、飛べるゴールキーパーは増えてきていると個人的にはみている。

 

飛べるのは当たり前。

だが、飛べるだけではもう止められない。

 

その上で、“速く”飛ぶことができないと意味がないのだ。

間違った認識

多くのゴールキーパーが、「速く飛ばなきゃ!」という意識から逆に間違った身体の使い方をしてしまっている。

 

自分では速く飛べると思っている認識が、実は間違った認識をしている選手が非常に多いのだ。

 

その間違った認識が、正しい認識に変わった瞬間、君のプレースピードは格段にアップする。

 

君を動かしているのは2本の足だ。

もっと足にフォーカスしよう。

 

私のトレーニングではとことん足にフォーカスしていく。

だから一瞬で飛べるようになるんだ。

最新情報をチェックしよう!